整骨・鍼灸治療院とデイサービスセンターの藤本グループです。長崎県一円に事業所がございます。希望・愛情・健康・幸福を皆さまへ。
  • HOME »
  • 交通事故の治療

交通事故の治療

交通事故にあってからの流れ

交通事故にあった時の対応

交通事故にあってからの流れ

 

交通事故の主な症状「むち打ち症」について

むち打ち症とは?

正式名は「頸椎捻挫」といいます。衝突の時、首が前後にムチのようにしなることからそう呼ばれるようになりました。
むち打ち症は大きく分けて、正面衝突、側面衝突、追突によるものがあります。
首の動く範囲は普通、前後ともに60度ぐらいです。
その動く範囲を超えた時、首の周りの靱帯や関節を痛めて症状に表れます。

交通事故

むち打ち症の症状

  1. 頸椎捻挫の症状
    頭部、頚部疼痛、頚部の筋肉の圧痛、頚部の運動制限が主な症状です。「むち打ち症」の70%を占めます。
  2. 神経根の障害を主とする症状
    上位頚椎では、大後頭神経領域の放散痛や、下位頚椎の場合は頚部から肩、腕にかけての放散痛、しびれ感、上肢の筋力低下、筋萎縮運動、及び、知覚障害が起こります。

むち打ち症の分類

  1. 頸椎捻挫型
    むち打ち症の中で最も多く、70%を占めると言われています。頚椎の骨と骨の間にある関節包や骨の周囲にある靱帯などが損傷されたもので、頚部周囲の運動制限、運動痛が主症状です。
  2. 神経根症状型
    脊髄の運動神経と知覚神経が集まっているところを「神経根」と呼びます。症状は、頚椎捻挫型に加え、知覚障害、放散痛、反射異常、筋力低下などの神経症状を伴います。
  3. バレー・リュー症候型
    事故で受けた衝撃のせいで、後頚部交感神経にダメージが与えられ、血流低下が起こったり、後頚部交感神経の刺激症状として、内耳の症状(めまい、耳鳴 り)、目の症状(眼精疲労)など、心臓の症状、咽喉、頭部の症状などを呈するが、耳鼻科、眼科、内科などの(客観的)所見は乏しく、自覚的主訴が主となり ます。
  4. 根症状とバレー・リュー症候型
    根症状とバレー・リュー症候型が両方みられるものです。
  5. 脊髄損傷型
    深部腱反射の亢進、病的反射などの脊髄症状を伴うものですが、現在、この型は「むち打ち症」の範疇に含まれていません。非骨傷性の頚髄損傷に分類されます。

seikotu

メールでのお問い合わせ




藤本グループ 事業や活動
整骨治療
鍼灸治療
介護事業 デイサービス
介護事業 デイサービス
クラブ活動のご紹介
西九州鍼灸師会


交通事故の治療


自費治療(保険適用外治療)


藤本グループ院一覧


よくあるご質問


藤本グループfacebook


長崎整形外科こやまクリニック